無添加 手造りハム・ソーセージ  

  TOP | ご案内 | 営業時間 | 地図 | 展示品 | トピックス | くま舎 | リンクQ&A 
商品一覧 | お買物方法 | カートの中 | 法律に関する表示 | お問合せ

ご案内

けむり屋の成立ち

ソーセージ工場北海道上富良野町、北海道のほぼ真ん中、夏暑く、冬寒いところです。平成8年に、農家の跡地を手に入れ引っ越してきました。雑木林を含めて1,800坪の土地に築25年以上の住宅、ぼろぼろの納屋そして30坪の大型倉庫が付属していました。我が家から見える家はただ一軒、約1Km先にあります。見えないけれども一番近いお隣まで300メートル。道路からも100m奥にあるのでとても静かな所です。
自宅を住める様に日曜大工で改築し、大型倉庫の中に15坪のソーセージ工場をこれも日曜大工ならぬ毎日大工で建てました。ぼろぼろのユンボ(パワーショベル)を手に入れ基礎を掘り給排水工事をし、2×4工法で小さな事務所、処理室そして包装室を作りました。工場の建築には、一人で約3ヶ月間かかりました。(平成12年1月売店増築)
必要な食肉加工機械等を搬入し、試作を重ね、営業開始したのは、平成9年4月。(写真は、開業時のもの)
この地を選んだ理由は3つ。ソーセージ造りに適した気候であること、新鮮な豚肉を入手できる食肉センターがあること、そして大好きなスキーが手軽に楽しめること。

倉庫 売店 十勝岳
 大型倉庫(この中に工場があります)  増築した売店  けむり屋の丘から十勝岳を望む
無添加のこだわり 
製品我が家の家族構成は、妻と子供2人。うちの子は、ソーセージが大好き。この子たちが、毎日食べても安心な美味しいソーセージを造りたい。けむり屋の原点は、ここにあります。けむり屋の製品はすべて無添加。その秘密は、食肉センターから直送される鮮度の高い「かみふらのポーク」(もちろん生肉)を使うこと、そして手間と暇を惜しまないこと。市販されている多くのソーセージは、冷凍輸入された豚肉を使用しているためどうしても添加物が必要になります。 もちろん、無添加であることのリスクもあります。賞味期限が短く、デリケートなこと。デパート、スーパー等での販売は難しいことが多く、お話を頂いてもお断りさせて頂いています。当店の商品は直売所にお越しいただくか、当店の通信販売でお求め頂くしかありません。 こんなわけで、ご旅行中に立寄られてもお持帰り出来ないことがあります。旅行中であれば、クール便での宅配(当店からお送りできます)をご利用頂くのが一番です。お帰りの日でしたら保冷バックをご用意していますのでご利用下さい。(¥3,000以上のお買上げでアイスパック、¥4,000以上のお買い上げで保冷バックとアイスパックをサービスさせて頂きます)
けむり屋のネーミング
スモーカーソーセージは桜のチップで、ベーコン・ハム・スモークチキンは桜の薪をゆっくりと煙らした、どこか懐かしい香り。スモークにこだわり、この香りを大事にしています。スモーカーは、自分で設計し、鉄工所で作ってもらったオールステンレスの手間のかかる直火式のもの。スモーク中は、工場周辺にこの香りが漂います。 
けむり屋のホットドッグ
平成16年の6月から念願のホットドッグ専門のカフェをオープンしました。
ソーセージ工場・直売所横の小さな小さなセルフサービス形式のお店です。
私の造るホットドッグ用のソーセージやベーコン、スモークチキンと妻の焼くパン(北海道産の小麦粉と天然酵母を使った無添加パン)を合わせました。スタンダードドッグ、チーズドッグ、BLTドッグ、チリドッグなどの他ソーセージ盛合せやお飲み物も用意しています。
(卵・牛乳・バター等の動物性蛋白質を使用していないパンを用意しています。ご希望のかたは、カウンターにてご注文下さい。)

夏期間の土・日・祝日のお昼のみ営業致します。営業時間は、こちらでご確認下さい。


    Copyright (C) 1997〜 Kemuriya All Rights Reserved.