平成30年10月

カフェのマスコットホットドッツグマンのLINEスタンプを妻が作りました。
LINEスタンプショップでお求め頂けます。

 
 平成30年9月

9月のトピックスは、何といっても地震に伴う長時間の停電です。
結果的に当店の被害は軽微でしたがハラハラドキドキものでした。この経験を忘れないためにも、ここに記録しておきたいと思います。皆様にも役立つことが少しはあるかもしれません.。参考にして頂ければ幸いです。時系列に顛末を記録します。

・9月5日 
北海道に梅雨はない、北海道に台風が直撃するなどということは滅多にない、とよく言われました。この頃は梅雨も台風も当たり前の様にやってきてしまいます。今回も大風21号が北海道西海上を通過しました。この日の早朝、私は旭川から自宅のある上富良野町に向けて車を運転していました。すでに風はかなり弱まっており危機は去ったという感じでしたが、国道には強風で千切れた街路樹の枝先が散乱していて風が吹き荒れたことがわかります。美瑛町に入り国道から町道に入ると、枝は益々多くなり、大きな木が道路に倒れこんで道を塞いでいるところもありました。なんとか自宅にたどり着きましたが、幸い駐車場に枝が落ちているほかは目立った被害はなくホットしました。「災害は忘れたころにやってくる。」台風による大雨、強風はもはや日常茶飯事になりつつありますが、地震は滅多にないのですっかり忘れていました。大事件が起こるとも知らず、翌朝4:00からのソーセージ作りにそなえて早めに寝ました。

・9月6日3:00すぎ 
大きなゆったりした横揺れで目が覚めました。「あ地震だ」と思いましたが、なんなんでしょう何となく安心感があってそのまま横になったままでした。揺れてる途中で枕元のスマホから緊急地震速報の警報音が鳴り出しました。後から確認したところでは上富良野町は震度3でした。目が覚めてから5秒ほどで揺れもおさまり、地震情報を確認しところ、胆振地方で震度6強が目に飛び込んできました。(後に震度7に訂正) ちょっとビックリ、スマホで情報収集を試みましたが地震直後であまり有益な情報は得られませんでした。そうこうしてるまに目覚ましが鳴り、ベッドから抜け出して廊下の明かりをつけましたが付きません、トイレの照明もウオシュレットも切れています。こりゃ停電だ。いくら大きいとはいえ胆振地方の地震で上富良野が停電になるか?停電となればソーセージも作れないので、とりあえずベッドに戻りスマホで北海道電力の停電情報を調べたところ、「メンテ中」になっていました。役たたねーと思いましたが、富良野営業所の電話番号が載っていましたので電話してみると「ただいま大変混雑しています。しばらくしてから再度ご利用ください」とのメッセージ、地震での安否確認などで混雑しているんだろと思いました。このころになると、少しヤバイかもと思い始めました。どうしようかと思いましたが、そうだこういうときはラジオでしょ。いつも聞いてるのになぜ思いつかないのでしょう。やはり焦ってるのでしょうか?スマホをラジコにして耳にしたことは、どこか震源地と離れているところの蒲鉾等の魚肉製品を作られている方へのインタビューでした。「機械に原料の魚肉を入れたところで停電、非常に中途半端なところなので停電が長くなると困ったことになる」といった内容でした。次は、また全然別のところの方へのインタビューでまた停電のお話でした。ここで、本格的にヤバイヤバイと思いました。停電がかなり広範囲で起こっている。こりゃ復電には時間が掛かる。冷蔵庫や冷凍庫の温度が規定値以上になると、廃棄せざるを得ないので、被害甚大です。

・9月6日4:00 
大急ぎで、ベットを抜け出しました。非常用に用意していた発電機を引っ張り出して、オイルをチェックしてガソリンを入れ、あれカギはどこだっけ?何せ久しぶりに使うので、思い出して工場に入りカギを探し出して、ついでに冷蔵庫の温度をチェックするとなんとか規定値以内だったのでほっとしました。発電機をなんとか起動させて、コンセントに挿そうとしたら延長ケーブルがどうしても一本足りない。一畳ほどの広さのプレハブ冷蔵庫が2台と少し離れたところにある冷凍庫2台をつなげるので延長ケーブルが複数必要になります。車庫のセンサーライトで使っていた電源ケーブルを取り外してなんとか間に合わせました。やっと一息。

・9月6日5:00 
冷蔵庫・冷凍庫の温度を逐次チェックしますが、冷蔵庫は良いものの冷凍庫の冷えがよくありません。良く調べると、必要な電気容量にたいして発電容量が足りていません。ん---。冷蔵庫を一台止めることにしました、2台の冷蔵庫に分散していたものを一台に移して、空いた一台を止めました。これで、冷凍庫の冷えも良くなりました。 この状態は、当店においてどういうことかというと、@3相200Vを使う食肉加工機械は使うことが出来ないので、ソーセージの製造は出来ない。A製造途中の製品は、冷蔵庫があるので品質は保たれるが2日以内に次工程に移れないと廃棄しなければならない。B6日袋詰め予定の商品は廃棄決定。というものです。不幸中の幸いであったことは、停電が製造前であったこと、観光シーズンや年末等の繁忙期ではない9月の平日であったため製造予定の商品が比較的少なかったことです。

・9月6日10:00 
販売できる商品がないうえに、停電で、おまけに発電機がうるさくて、とても開店できる状態ではありません。6日は臨時休業とさせて頂きました。

・9月6日その後 
ライフラインは、電気以外は問題がありませんでした。台所は、プロパンガスなので料理もできればお湯も沸かせます。給湯ボイラーの燃料は灯油ですが、電気がないのでボイラー自体が動作せず、お風呂には入れません。水も問題ないようでしたが、とりあえず日頃の私の成果である4リッターの焼酎の空きペットボトルに水を入れときました。お風呂にあった洗濯用の残り湯は、流さずにそのままにしました。
妻が懐中電灯の明かりで朝食を作ってくれました。拍子抜けするほどいつもの通りの食事でした。我が家は田舎の中の田舎にあるので、食料は備蓄してありますし、何せソーセージ屋ですからソーセージは売るほどあります。食べるのに困ることはありません。


実は私、ソーセージ屋の前は普通のサラリーマンでした。趣味は毎週のように行っていたキャンプです。おまけに、今の趣味は釣りです。私生活においては電気がないことは短い間であればそれほど苦痛ではないです。キャンプで使っていたランタンを引っ張り出し、釣りで使っているヘッドランプも出してきました。おまけに昨年釣りのために自作した集魚灯もあります。この集魚灯今回のような停電にはとても重宝しました、基本的には軽自動車でよく使われる三千円ほどのバッテリーに二千円ほどのLEDランプを接続しただけのものです。これに電源スイッチを付け、電圧計と明るさを調節する調光コントローラを付けました。このコントローラはリモコン式なのですがなんとアマゾンで193円でした。このバッテリーにシガーソケットを付けるとスマホも充電できてしまいます。最近はポータブル電源がいろいろと売られています、便利だとは思いますが、お安いのはこれだと思います。 情報の収集はもっぱらラジオでした。 20年以上も前に防災用にと買っておいた超安物のラジオですが、電池もちは抜群です。ラジオは必須ですが、やはり小さなテレビも用意すべきと思いました。ラジオで大規模な土砂崩れがありましたと聞いて承知していたのですが、後にTVでみた映像は私の想像を遥かに超えるものでした。百聞は一見に如かずです。我が家のワンボックスカーにはディープサイクルバッテリーという過放電に強いバッテリーが積んであります、インバーター(直流12Vを交流100Vに変換)もあるので、これを自宅に持ち込めばテレビもみることができます。今後今回のような事態が起こったときは、実行に移そうと思います。とはいえこのバッテリーが上がってしまったら充電する必要があります。このためには、100Vが必要なので停電が長くなると最終的に発電機にたよることになります。

     
 ヘッドランプ  自作の集魚灯  スマホ充電器 シガーソケット バッテリー  
     
 大活躍したラジオ  ディープサイクルバッテリー  インバーター

さて、自宅のことはひと段落ついたので、発電機の状態を見に行きました。順調に動いてはいますが、燃料の消費が思った以上に多い。今までの燃料消費量と携行缶に残っているガソリンの量から推測するとあと4時間程しかありません。やれやれ、一難去ってまた一難です。午後から妻がパートに行くのでガソリンを買ってくるよう頼みました。出勤の途中でガソリンスタンドによって貰いましたが長蛇の列で買えなかったとのことでした。この感じでは、燃料は夕方くらいまでしか持ちません。これは困った。と思って周りを見渡すとあるじゃありませんか、妻の車。車のタンクからガソリンを抜くことにしました。実はこれ過去にもやったことがあります。ビニールチューブを探し出して、ガソリンタンクの蓋を開けキャップを開け、チューブをさして、あれ入らない、前にやったのは買い替える前の車でした。なんでこんなに細いの?諦めるかと思いましたが、冷蔵庫の損失を考えると、簡単に諦めるわけには行きません。給油口からタンクまでの配管を探すべく車の下に潜り込みました。ありました、タンクに繋がっているパイプが、工具を使ってパイプを抜き取りビニールチューブを差し込み吸引すると出てきました、オレンジ色のガソリン、ひとまず得意の空き4リットルペットボトルに移します。抜けるだけ抜きました。これでも計算上は明日の朝までしか持ちません。 パートの帰りに再度ガソリンスタンドに寄ってくれましたが、もう販売が終了していたとのことでした。この時点で、私の頭の中は2つの対処法のどちらにするかで一杯でした。発電機をなんとかもたせることと、あるいは発電を断念して冷蔵庫の肉を食料にお困りの方に無償で提供することです。明日の朝、妻にガソリンを買いに行ってもらおうと思いましたが、それまでガソリンが持ちそうもありません。困りました。試しに発電機を止めてみました、冷蔵庫の温度の上がり方を見ていると30分くらいなら止めていても大丈夫なことがわかりました、2時間発電して30分休むを繰り返してなんとか持たせる作戦にでました。寝ずの番になりましたが作戦は成功し翌朝10:00くらいまでは持たせられそうです。余談ですが、全道停電のこの夜、とても星が綺麗でした、明かりがないからではありません、我が家周辺にはもともと明かりがありません、恐らく空気がきれいだったんだろうなと思います。

・9月7日
朝になりました。冷蔵庫はなんとか大丈夫です。妻に9時前からガソリンを買いに行ってもらいました。ラジオの情報では、一部電気が付き始めたとのことですが、ここがいつ復旧するかは全くわかりません。ガソリンが買えても、並びに並んで10リットル制限という感じではまったく追いつきません。妻の結果次第では、白旗を上げることになりそうです。しばらくして妻が帰って来ました。満タンの携行タンクを持って車から降りたったドヤ顔の妻が女神様に見えました。助かったー。30分程並んだが、制限はないとのことでした。携行タンクのガソリンを発電機に移し、妻に再度ガソリンを買いにいって貰いました。ホームセンターで携行タンクを新たに買って2つのタンクと妻の自動車も満タンにしてもらいました。これで暫くは安泰です。 電気の手配はこれで出来ましたが、冷蔵庫の仕込み中の肉は、明日の朝までに加工しなければいずれにしても廃棄になりってしまいます。つまり、食肉加工機械を動かせる電気がなければどうにもなりません。なんとか早く復旧されることを願うのみになってしまいました。このころになると、出来ることはやったので、あとはなるようになるさという思いでした。 

やむなく7日も臨時休業としました。

17:00ごろ突然電気が来ました、静かだった部屋が賑やかになります。キター、と思わず叫んでしまいました。大急ぎで、発電機を止め通常に戻しました。 廃墟のように静かだった工場に明かりがつきました。

・9月8日 
朝3:30からソーセージを作りを始めました。なんか、不思議なんですけど、何事もなかったように普通に作業が進みました。電気は偉大です。

・その後
なかなか、停電前の状態には戻りませんでした。食肉センターも停電でかなりの被害が出たようです。復電したからといって直ぐに肉の供給を受けられるようにはなりません。完全復旧には二週間くらい掛かったと思います。人的被害や設備に被害はなく、被災されたかたを思えば泣き言はいっていられません。
これを経験として対策を打っていきたいと思います。 


反省と今後の対策
・手持ちの発電機は、実は3相200Vの食肉加工機械を動かすことができるものです。しかし通常の100Vは大きさの割には容量が大きくありません。ソーセージ作りは、機械が動かないと出来ませんが、それを次工程まで保存したりする冷蔵庫用の100Vもなければなりません。つまり3相200Vも通常の100Vもなければならないのです。 けむり屋を始めるとき、必要な設備を洗い出しました。食品を扱う身としては当然ですが、この時点で発電機もすでに購入備品の一つに入っていました。ところが、考えが足りず必要な電気の種類・容量に対応していませんでした。 用意するだけで安心していまい、実際に停電になった時のイメージトレーニングが欠けていました。
対策として、通常の100V用の発電機を新調しました。これで、停電でも細々ながら作業し続けることが出来ます。

・停電と共に発送業務も止まってしまいました。受注済みのお客様にお詫びの連絡をしなければなりませんが、パソコンが動かないことには連絡先もわかりません。パソコンが動かせない場合はスマホから連絡が出来るようにしていたのですが、肝心の連絡先が分からないという始末でした。 対策として、最小構成のパソコンを動かせるバッテリーとインバーターを簡単に用意出来るように工夫しました。これは既にあるものを整備するだけなので簡単です。

・私SNSなるものが苦手です、必要としないといった方が良いかも知れません。ところが、今回のような状態になると情報収集のツールとしてはとても有効なのは明らかです、デマ等々厄介なこともありますが、少し使えるようにしとかないといけないと思いました。

その他
・今回は水が止まらなかったので問題になりませんでしたが、水がないと一番困るのはトイレでしょう。風呂に水を入れておくのが一般的な対策だと思います。我が家にはポータブルトイレがあります、今は趣味の釣りで重宝しているのですが、実は夫婦2人でこのトイレのみで2年間以上生活したことがあります。数日であればまったく問題ありません。置く場所があるのであれば検討してみるのも良いと思います。

・作業をしながらの照明はヘッドランプが一番です。見ようとしたところが明るくなるのでとても便利です。趣味の釣りの他、冬の除雪の際にも重宝しています。 食事のときはランタンですね、でも高い位置にないと広い範囲を照らせないので、何かで吊るせるようにしておくとよいです。


停電中から、沢山のご心配のメール等を頂きました、ありがとうございました。けむり屋は、むっくりと起き上がりましたので、今後ともよろしくお願い致します。

今回の震災で犠牲になられた方のご冥福をお祈りすると同時に、被災されました 方々に心よりお見舞いを申し上げます。
 平成30年7月

時のたつのは早いものでいつの間にか7月が終わってしまいました。
地震に台風、各地で大きな被害がでています。幸い、当店の被害は軽微で、大雨の時に丘から駐車場に土砂が流れ込んで来たくらいでした。排水溝が土砂で埋まってしまったのが原因ですが、排水能力を大きく超える雨量であったと思います。雨合羽を着て雨の中スコップ片手に排水溝を清掃して、新たに排水溝に流れ込むルートを2本掘り、なんとか食い止めることが出来ました。
駐車場に流れ込んだ土砂を清掃するのがまた大変で、高圧洗浄機でなんとか綺麗にすることが出来ました。



このホームページは、けむり屋をお客様に知って頂くことと、ご注文を頂くことが大きな役割です。ご注文を頂く際に入力して頂く個人情報は、当初よりSSLにより暗号化していましたが、今日ではホームページ全体をSSLで保護する「常時SSL化」することが急務とされているようです。当店としましてもお客様に安心してご利用頂ける様常時SSL化致しましたのでご報告させて頂きます。
https://kemuriya-online.com


 平成30年3月

今年の3月は、暖かい日が多く、雪解けが急速に進みました。
雪が降り続いた後で大雨が降ったりしたので、雨+雪解け水で河川が増水し護岸工事関係者の方が亡くなられるといった痛ましい事故まで起きてしまいました。



暖かくなって雪が締まり長靴で雪の上をカンジキなしで歩き回ることができます。我が家の裏からの写真を載せました。

下の写真右下に倉庫(ソーセージ工場)の屋根が見えます。
 平成30年2月


2月も良く雪が降りました。
1月の倉庫の写真でわかる通り、屋根から落ちた雪と屋根が繋がっています。この状態で2月もかなり降りましたので、ちょっと危険です。やむなく、写真のように屋根の横に溝を掘りました。こんなことしたの初めてです。
来年はどうなるんでしょう?やれやれです。


豚グッズがまた増えました。私の誕生日に娘がプレゼントしてくれました。
シュールな感じですが、当店の売店にビックリするぐらいお似合いです。
 平成30年1月

昨年12月と今年1月は、毎日のように雪が降りました。我が家には、雪下ろしをしなければいけない屋根が、納屋、ガレージ、倉庫の3ヶ所あります。例年は1〜2回雪下ろしをします。毎年の恒例行事ですが、昨年は12月だけで2回雪下ろしをしました。1月末にも1回していますので、今シーズンすでに3回の雪下ろしです。自宅の屋根は、例年雪下ろしをせず、春に自然に落ちるのを待っていますが、今年は流石にヤバイかなーと思い梯子をかけて雪下ろしをしました。一人で一日3時間作業で4日間かかりました。2月の降り方によってはあと一回やならいといけないのですかねー。いい運動だと思っているのですが、少々ウンザリです。こちらに引っ越してきて21年ですが、今年が一番の積雪です。お隣のおばあちゃんも今年が一番だと言っておられました。

屋根に降った雪がこれですから当然平地にも大量の雪が降りました。スノープッシャーを2つ持って雪を端に寄せてから除雪機で雪を飛ばします。これを食後の運動として一日3回やりました。7000歩ほどになります。ダイエットには良いですよ。血液検査の結果は良好で病院の先生に褒められました。

いつの間にか13年目を向かえた除雪機は、機嫌がよろしくなくまともに動いてくれるのかいつもドキドキものでした。悪いときには悪いことが重なるもので、12月の初めに遂にエンジンがお釈迦になってしまい、致し方なく新調するべく手配したのですが今シーズンは売行きがよいらしく既にものがなく1月中旬になってしまうとのことでした。その間、販売店から代替品をお借りできたのでなんとか乗り切れました。

新しい除雪機は、先代のものより一回り小型にしました。少し頼りない感じですが、使いたいときにちゃんと使えるのはありがたい限りです。13年前のものと比べると静かで燃費が良いです。世の中13年もあればちゃんと進歩するんだなと痛感しました。けむり屋は、何も変わらないのですが良いのでしょうか?ちょっと悩んで見ようかなと思うこの頃です。

 自宅の屋根の上です。  新しい除雪機 倉庫の横 
 平成29年10月

 今年の初雪は、10月31日でした。みぞれ等を含めると3回目の雪でしたが、写真のように白くなったのは10月31日でした。 昨年より10日遅いです。


 昨年冬以降に当店をご利用頂いたお客様に、「クリスマス限定商品」のご案内を11月10日ごろ着になるようにお送りさせて頂きます。

 こちらのHPでもご利用頂けるように致しますので、初めてのお客様もご注文頂けます。こちらも11月10日ごろにUPする予定です。
 平成29年7月

暑いです。北海道なのに湿度が高いです。いやですね〜。あのカラットした夏はどこ行ってしまったのでしょうか?という感じでこのところ30℃を超える日が続いています。もう聞き飽きましたが、記録的なことなのだそうです。。
実は私、昨年の春先からダイエットしまして10Kgほど減量しました。良いことはいろいろあるのですが、暑さをあまり感じなくなったのが一番です。なにせ10Kgもある脂肪のコートを脱いだ訳ですから。個人的には、気温が高いわりに過ごしやすい夏です。

先日、当店の直売所、カフェ(駐車場等の敷地を含む)が北海道指定の「おいしい空気の施設」に登録されました。写真のように禁煙のシールが交付されましたので、新しい看板を作りました。愛煙家の方は、大変だと思いますが。ご協力のほどお願いします

当店のお客様で、東京の獣医さんがいらっしゃるのですが、小笠原の海鳥保護のためネコの里親を探していらっしゃいます。
詳しくはこちらの「ネコプロジェクト」をご覧ください。
 平成29年6月

今年もカフェをオープンしました。ホットドッグをご用意してお待ちしています。
ソーセージ等の直売所と営業時間が大きく異なりますので、こちらで営業時間をご確認下さい。



昨年夏以降に当店をご利用頂いたお客様に、「夏ギフトセット」のご案内を6月23日着になるようにお送り致します。
こちらのHPでもご利用頂けるように致しますので、初めてのお客様もご注文頂けます。こちらも6月23日にUPする予定です。

 平成29年5月
またまた豚さんの置物が増えました。

2月にご紹介した金色の豚に子供が生まれました。と思ったらその子供がさらに子供を生みました。
最初の豚さんはあっという間におばあちゃんになってしまいましたとさ。
 平成29年4月
けむり屋は、1997年4月10日に開業致しました。お蔭様で、今年20周年を迎えることが出来ました。隣のおばあちゃんから沖縄のお客様まで、本当にお世話になりました。
生後3ヶ月の長女を連れて妻とここ上富良野町に引っ越してきたのはその前年1996年でした。早いもので、長女は今年成人式を迎え、娘と同様に育ててきた「けむり屋」も20歳になりました。これもひとえに皆様のご贔屓ご支援の賜物と深く感謝しております。1999年には上富良野産の次女も生まれ、我が家は妻と3人の子供がいると思っています。
長女は成人し、私の手の届かないところに行ってしまいますが、「けむり屋」はまだまだ手元に置いてじっくり育てて行きたいと思いますので、今後ともかわらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。 ありがとうございました。
 平成29年2月
豚の置物が増えました。今までの豚コレクションは、いただきものものがほとんどでしたが、今回の3点は家族からのものです。
豚の縫いぐるみは、妻が作りました。名前を「テディーぶー」と言います。最初は、熊の縫いぐるみを作っていたのですが、私が余計なことを言ったばっかりに豚になってしまいました。
金色の豚は、長女が横浜の中華街で買ってきたものです。体を押すとブーブー言います。商売繁盛になりそうな?
3点目は、次女手作りのネームプレートです。ピンクの豚も2匹サービスしてくれました。